2009年4月20日

InterBase/Firebird ODS versions

InterBaseおよびFirebirdにおけるODS(On-Disk Structure)バージョンをまとめてみました。

ODS 8.0
InterBase 4.0
InterBase 4.1
ODS 8.2
InterBase 4.2
ODS 9.0
InterBase 4.5
InterBase 5.0
InterBase 5.1
ODS 9.1
InterBase 5.5
InterBase 5.6
ODS 10.0
InterBase 6.0
ODS 10.1
InterBase 6.5
ODS 11.0
InterBase 7.0
ODS 11.1
InterBase 7.1
ODS 11.2
InterBase 7.5
ODS 12
InterBase 2007
ODS 13
InterBase 2009
ODS 14
InterBase 2009 (Special)
ODS 15
InterBase XE/XE3
ODS 16
InterBase XE7
ODS 17
InterBase 2017
ODS 10.0
Firebird 1.0
ODS 10.1
Firebird 1.5
ODS 11.0
Firebird 2.0
ODS 11.1
Firebird 2.1
ODS 11.2
Firebird 2.5
ODS 12
Firebird 3.0
InterBase 6とFirebird 1.0のODS 10.0には互換性があります。

元ねたはキムラデービーブログ | ODSまとめとInterBaseの追記ORCA愉快日記(2007-08-02)InterBase database structureあたり。

2010/11/01追記: ODS14とODS 15の記述を追加しました(John KasterさんによればODS 14はInterBase 2009 had a special ODS 14 to resolve some index corruption issues; so we skipped creating ODS 14 with InterBase XE. InterBase XE will still service any ODS 13/14/15 databases, but only will create ODS 15 from a new CREATE call or restore.とのことです)。元ねたはBehind the Screen » Upgrading InterBase 2009 to InterBase XE 64-bit

2014/12/02追記: Firebird 3.0(ODS 12)の記述を追加しました。

2014/12/04追記: InterBase XE3(ODS 15)/XE7(ODS 16)の記述を追加しました。

2017/03/10追記: InterBase 2017(ODS 17)の記述を追加しました。

0 件のコメント: