Delphi versions (update: 2020/11/18)

Delphiの各バージョンで導入/廃止された主要な機能の一覧です。@Delphi Community Edition Meet up ! 夏のゆるふぁい番外編で公開したものを一部改変してあります。

各バージョンの意味

  • Delphi Version: 製品としてのDelphiのバージョン。
  • BDS Version: BDS(Borland Developer Studio)のバージョン。インストール先などフォルダ名に使われる。
  • Compiler version: Object Pascalコンパイラのバージョン。VER###の形式で標準条件シンボルとして定義される。またDelphi 6以降では定数System.CompilerVersionとして参照できる。
  • RTL version: RTL(Runtime Library)のバージョン(Delphi 6でCompilerVersionとは別になった)。定数System.RTLVersionとして参照できる(Delphi 10 Seattle以降のClangベースのC++コンパイラではRTLVersionC)。
  • FireMonkey version: FMX(FireMonkey Library)のバージョン。定数FMX.Types.FireMonkeyVersionとして参照できる(Delphi 10 SeattleまではExtended型でそのままの値だったが、Delphi 10.1 Berlin以降では整数で10倍の値に扱いが変わったので要注意)。
  • Project version: プロジェクト(dproj/cproj)ファイルに記録されているProjectVersionの値。どのバージョンのDelphiのプロジェクトなのかを判定するのに使える。

参考:

更新履歴:
2018/10/30: Delphi 2007以降のProject version(.dprojファイルのProjectVersion要素の値)を追記。
2018/11/26: Delphi 10.3 Rioに関する記述を追加。
2019/04/02: RTLVersionおよびDelphi XE2 Update 2以降のFireMonkeyVersionを追記。
2019/04/10: Delphi 8以降のBDS Versionを追記。
2019/07/19: Delphi 10.3 Rio Release 2(10.3.2)に関する記述を追加。
2019/08/13: Delphi 10.3 Rio Release 3(10.3.3)および10.4/10.4.xに関する記述を追加。
2019/11/21: Delphi 10.3 Rio Release 3(10.3.3)に関する記述を追加。
2020/03/25: David Iさんのwhite paperに従って各バージョンのリリース日を追記。
2020/04/30: Delphi 10.4 Codename "Denali"の情報を修正。
2020/06/01: Delphi 10.4 Sydneyに関する記述を追加。
2020/11/18: Delphi 10.5に関する記述を追加。

0 件のコメント: