2019年11月1日

[書籍]IT業界の病理学

紀伊國屋書店新宿本店

IT業界の病理学 (Amazon)/司馬紅太郎、秋山浩一、森龍二、鈴木昭吾、都築将夫、堀明広、佐々木誠、鈴木準一著/技術評論社/ISBN 978-4-297-10857-1/1,848円

を購入。

2019/11開催のセミナー

2019年10月30日

Enterprise ConnectorsがEnt/Arc SKUで使用可能に

FMXLinuxに続いて、Enterprise Connectorsがサブスクリプションが有効なRAD Studio/Delphi/C++Builder 10.3(.x) RioのEnt/Arc SKU(アカデミックを除く)で利用可能になりました。

Enterprise ConnectorsがRAD Studio Enterprise / Architectに搭載 (en)

2019年10月29日

Firebird Ver4/Ver5情報

2019年10月17日から19日にベルリンで行われたFirebird Conference 2019でFirebird Projectの責任者であるDmitry Yemanovさんから現在の開発状況と、次々期バージョンとなるVersion 5について説明があったようです。

Firebird: Firebird Conference 2019: Firebird on the road from v4 to v5
Firebird on the roadfrom v4 to v5 (PDF)

適当な要約:
  • Firebird 2.5
    • 2019年06月の2.5.9で開発終了
  • Firebird 3.0
    • 2018年10月の3.0.4が最新
    • 次の3.0.5は2019年の第4四半期を予定
    • Firebird 5のリリースまでサポート予定
  • Firebird 4.0
    • 2019年02月にBeta 1をリリース
    • 2019年の第4四半期にBeta 2を予定
    • 2020年の第1四半期にRelease Candidateを予定
    • 2020年の第2四半期に正式リリースを予定
    • 新機能
      • DECFLOAT型(SQL2016)、サポート関数(COMPARE_DECFLOAT/NORMALIZE_DECFLOAT/QUANTIZE/TOTALORDER)および特殊レジスタ(SET DECFLOAT ROUND/SET DECFLOAT TRAPS TO)の導入
      • NUMERIC/DECIMALの改善(最大精度を38桁に拡張など)
      • タイムゾーンのサポート(TIME/TIMESTAMPはUTCで保存)
      • レプリケーションの改善
  • Firebird 5.0
    • ODS14
    • レコードサイズの拡張(無制限に)
    • ディスク上の圧縮の改善
    • コンテキスト制限のない新しいBLR(Binary Language Representation)
    • インデックスの改善

2019年10月4日

Microsoft OOB Update 2019/10

Microsoftの定例外のセキュリティアップデートがリリースされています。
CVE-2019-1367 | スクリプト エンジンのメモリ破損の脆弱性

基本的には2019/09の定例外のセキュリティアップデートの更新ですが、Windows 7/8.1/Server 2008/Server 2008 R2/Server 2012/Server 2012 R2の更新プログラムがロールアップになり、Windows 10/Server 2016/Server 2019の更新プログラムもWindows Update/WSUS経由でも配信されるようになっています。

2019年10月1日

2019/10開催のセミナー

2019年9月26日

[書籍]失敗しないソフトウエアテスト実践ノウハウ

紀伊國屋書店新宿本店

失敗しないソフトウエアテスト実践ノウハウ (Amazon)/SHIFT 品質・技術統轄部 技術推進部/品質プラットフォーム推進部著/日経BP/ISBN 9784296103577/2,700円

を購入。

[書籍]江添亮のC++入門

紀伊國屋書店新宿本店

江添亮のC++入門 (Amazon)/江添亮著/KADOKAWA/ISBN 978-4-04-893071-0/5,400円

を購入。

[書籍]レガシーコードからの脱却

紀伊國屋書店新宿本店Beyond Legacy Code (Amazon US)の翻訳である

レガシーコードからの脱却 (Amazon)/David Scott Bernstein著/吉羽龍太郎永瀬美穂原田騎郎、有野雅士訳/オライリージャパン/ISBN 978-4-87311-886-4/3,132円

を購入。

RAD Studio/C++Builder 10.3.2 Rio C++ Debugging Patch

RAD Studio/C++Builder 10.3.2 RioのC++ Debugger Patchがリリースされています。これはC++BuilderでWin32のBCC32コンパイラでデバッグ時に評価、監視が行われないRSP-25943問題(RSP-25943)を解決するものです。

30890 RAD Studio 10.3.2 C++ Debugging Patch

RAD Studio 10.3.2 C++ Debugging Patch

2019年9月24日

Microsoft OOB Update 2019/09

Microsoftの定例外のセキュリティアップデートがリリースされています。
CVE-2019-1367 | スクリプト エンジンのメモリ破損の脆弱性

なお現時点(2019/09/24)ではWindows 10についても自動的に更新が適用されないため、以下のURLから累積更新プログラムを手動でダウンロードし、適用する必要があります。

Windows 10 Version 1507(LTSB): https://www.catalog.update.microsoft.com/Search.aspx?q=KB4522009
Windows 10 Version 1607: https://www.catalog.update.microsoft.com/Search.aspx?q=KB4522010
Windows 10 Version 1703: https://www.catalog.update.microsoft.com/Search.aspx?q=KB4522011
Windows 10 Version 1709: https://www.catalog.update.microsoft.com/Search.aspx?q=KB4522012
Windows 10 Version 1803: https://www.catalog.update.microsoft.com/Search.aspx?q=KB4522014
Windows 10 Version 1809: https://www.catalog.update.microsoft.com/Search.aspx?q=KB4522015
Windows 10 Version 1903: https://www.catalog.update.microsoft.com/Search.aspx?q=KB4522016

2019年8月30日

2019年8月14日

RAD Studio/Delphi/C++Builder 10.3.2 Rio Building Changed Files Patch

RAD Studio/Delphi/C++Builder 10.3.2 RioのBuilding Changed Files Patchがリリースされています。これは特定の状況でC++BuilderのソースコードやDelphiのリソースファイルの変更がメイク/ビルドの結果に反映されない問題(RSP-25509RSP-25590)を解決するものです。

30889 C++Builder and Delphi 10.3.2 Building Changed Files Patch

C++Builder and Delphi 10.3.2 Building Changed Files Patch Released
Delphi / C++Builder 10.3.2アップデートパッチ情報

RAD Studio/Delphi/C++Builder 10.3.2 Rio Toolchain Patch

RAD Studio/Delphi/C++Builder 10.3.2 RioのToolchain Patchがリリースされています。これはC++BuilderでWin32のClangベースのコンパイラでデバッグ時にローカル変数が正しく表示されない問題(RSP-25527)とDelphiでmacOS 64ビット版の大きなプロジェクトをビルドしたときにリンクでエラーになる問題を解決するものです。

30888 RAD Studio 10.3.2 C++ and Delphi Toolchain Patch

RAD Studio C++ and Delphi Toolchain Patch Released
Delphi / C++Builder 10.3.2アップデートパッチ情報

Microsoft Monthly Update 2019/08

今日はMicrosoftのセキュリティアップデートの日です。
リリース ノート 2019 年 8 月のセキュリティ更新プログラム
2019 年 8 月のセキュリティ更新プログラム (月例) – Microsoft Security Response Center

2019年8月13日

RAD Studio ロードマップ 2019/08

RAD Studio/Delphi/C++Builderのロードマップが更新されています。

2019年8月Delphi Androidベータプランと8月付ロードマップアップデート (en)

前回からの大きな変更として、次期アップデートとなる10.3 Rio Release 3(10.3.3)の追加(2019/4Q頃)と、それに伴う次期メジャーリリース(10.4)の2020年への延期がアナウンスされています。またC++のAndroid 64bitサポートが復活しています。

雑なまとめ:
  • 次期アップデート(10.3.3)は2019年の終わり頃
    • iOS13/macOS Catalinaサポート
    • DelphiでAndroid 64ビットをサポート
  • 次期メジャーリリース(10.4)は2020年前半
    • macOS/iOSでMetal 2をサポート
    • Androidのプッシュ通知とGoogle Playサービスの再構成
    • LiveBindingのパフォーマンス向上
    • Delphi/C++Builderとも全てのプラットフォームでメモリ管理を統一(モバイル環境でのARCサポートの削除)
    • オンライン/オフラインインストーラを統合
    • Delphiで(カスタム)マネージドレコード型をサポート
  • その次のアップデート(10.4.x)は2020年の中頃以降
    • デバッガをLLDBベースのものに統合
    • MSIXアプリケーションパッケージ形式のサポート
    • DelphiでiOS 13のシミュレータ(64ビット)をサポート
    • C++BuilderでAndroid 64ビットをサポート
    • C++BuilderにWhole Tomato Visual Assistを統合
2019年8月後半から10.3.3のNDAベータ("Sugarloaf")が開始され、Google Playストアでの展開を可能にする特別なEULAが適用されることになるとのことです。

2019年8月11日

RAD Studio/Delphi 10.3.2 Rio macOS Debugging Patch

RAD Studio/Delphi 10.3.2 RioのmacOS Debugging Patchがリリースされています。これはmacOS 64ビットアプリケーションのデバッグ時の評価/インスペクトでパラメータとして渡されたいくつかの変数が正しい値で表示されない不具合を修正するものです。

30887 Delphi 10.3.2 macOS Debugging Patch
Delphi / C++Builder 10.3.2アップデートパッチ情報

RAD Studio/Delphi/C++Builder 10.3.2 Rio Runtime Packages Compatibility Patch

RAD Studio/Delphi/C++Builder 10.3.2 RioのRuntime Packages Compatibility Patchがリリースされています。これはRAD Studio/Delphi/C++Builder 10.3/10.3.1でコンパイルされた実行時パッケージを使用するアプリケーションが10.3.2の実行時パッケージ上で動作しない問題を解決するものです。なお10.3.2でコンパイルされた実行時パッケージを使用するアプリケーションは10.3/10.3.1の実行時パッケージ上では動作しないとのこと。

30886 RAD Studio 10.3.2 Runtime Packages Compatibility Patch

RAD Studio 10.3.2 Runtime Packages Compatibility Patch Released
Delphi / C++Builder 10.3.2アップデートパッチ情報

2019年8月1日

IDE Fix Pack 6.4.4

Andreas HausladenさんIDE Fix PackがアップデートされてVersion 6.4.4となっています。RAD Studio/Delphi/C++Builder 10.3 Rio Release 2 (10.3.2)のWin32コンパイラがクラッシュする問題のhotfixとのことです。

IDE Fix Pack 6.4.4 Hotfix for Delphi 10.3.2 – Andy's Blog and Tools

2019/08開催のセミナー

2019年7月25日

IDE Fix Pack 6.4.3

Andreas HausladenさんIDE Fix PackがアップデートされてVersion 6.4.3となっています。RAD Studio/Delphi/C++Builder 10.3 Rio Release 2 (10.3.2)に対応とのことです。

IDE Fix Pack 6.4.3 for Delphi 10.3.2 – Andy's Blog and Tools

2019/07/25追記: IDE Fix Pack 6.4.3はRAD Studio/Delphi/C++Builder 10.3 Rio Release 1 (10.3.1)では動作しないようです。ご注意ください。

2019年7月19日

RAD Studio/Delphi/C++Builder 10.3 Rio Release 2 (10.3.2)

RAD Studio/Delphi/C++Builder 10.3 RioのRelease 2 (10.3.2)がリリースされています。インストールには有効なUpdate Subscriptionが必要です(Community Editionを除く)。

30880 RAD Studio, Delphi, C++Builder 10.3.2 Web Install
30882 RAD Studio, Delphi, C++Builder 10.3.2 ISO

10.3 Rio - リリース 2 - RAD Studio (en)
New features and customer reported issues fixed in RAD Studio 10.3.2 - RAD Studio

Delphi 10.3.2 is Now Available
Delphi / C++Builder / RAD Studio 10.3.2 リリースのお知らせ (en)
C++Builder 10.3.2 is now available!
Delphi 10.3.2でmacOS 64-bitアプリケーションを開発する (en)
RAD Server Improvements in RAD Studio 10.3.2
Boost 1.68 for Win32 and Win64 in C++Builder 10.3.2
DelphiおよびC++Builderのお客様向けのGoogle PlayストアAndroid 32-bitアプリケーションの期間延長について (en)
Additional information regarding requesting a Google Play Store extension
Delphi / C++Builder 10.3.2アップデートパッチ情報

2019/07/22追記: 2019/07/19の夕方(JST)以降、EDNおよび関係システムでエラーが発生している模様です。ISOファイルは altd.embarcadero.com 方面からダウンロード可能のようですが、webインストール、GetItなどは機能していないため、状況が回復するまでは10.3.1のアンインストールや10.3.2のインストールは控えることをお勧めします。

2019/07/24追記: EDN関係のエラーは一旦終息したものの、今日になって再び発生している模様です。Embarcaderoの日本語トップページでもアナウンスされています。

オンラインサービス障害に関するお知らせ
現在、オンラインサービスを提供している一部のサーバーに障害が発生しているため、以下の機能をご利用いただけなくなっております。復旧作業を進めておりますが、今しばらくご利用いただけない状態が続きますことを、お詫び申し上げます。
  • CodeCentral、GetItによるソフトウェアのダウンロード
  • Webインストーラ(GetItを利用したインストール)
  • EDNメンバーサービス
  • quality.embarcadero.comでのバグ登録/閲覧
  • サポートナレッジベース
RAD Studio / Delphi / C++Builder製品のインストールについて、Webインストーラが使用できないためにインストール作業が行えない場合には、カスタマーサポートセンターまでお問い合わせください。

2019/07/30追記: 依然として一部のサーバがダウンしているため、回避策が提示されています。

Delphi / C++Builder / RAD Stuido 10.3.2 のインストール障害に関する回避方法 (en)
10.3.2 アドオンパッケージをインストールするための一時的な 10.3.2 GetItサーバーについて (en)

簡単な要約:
  • ISOファイルを altd.embarcadero.com からダウンロードしてインストールする。前回webインストールだった場合は設定移行ツールで設定のバックアップをとって復元する
  • GetItの代替サーバを用意したので、レジストリを変更してそっちにGetItクライアントを向ける(IDEは終了しておくこと)。
  • GetItの代替サーバからダウンロードできるものは一部に制限されている。
2019/08/01追記: GetItの代替サーバに対応したwebインストーラがリリースされています(ファイル名は"radstudio_10_3_2_esd_96593b.exe")。

New 10.3.2 GetIt Installer

2019/08/20追記: 現状のISO/webインストーラについてのまとめです。

RAD Studio インストーラ (en)

2019年6月30日

[書籍]TCP技術入門

紀伊國屋書店新宿本店

TCP技術入門 (Amazon)/安永遼真、中山悠、丸田一輝著/技術評論社/ISBN 978-4-297-10623-2/2,894円

を購入。

2019年6月26日

FMXLinuxがDelphi Ent/Arc SKUで利用可能に

FMX(FireMonkey)の元中の人(Eugene Kryukovさん)が作った謎技術、Linux上でFMXが動くFmxLinuxがEmbarcaderoにOEMされて、サブスクリプションが有効なRAD Studio/Delphi 10.3.1 RioのEnt/Arc SKUで利用可能になりました。これによりLinux上のクライアントプログラムもDelphiで作成できるようになりました。

Delphi / RAD Studio に FMX Linux のバンドルを発表 (en)

エンバカデロ、FMX Linuxとの提携によりLinux向けGUIアプリケーション開発をサポート|エンバカデロ・テクノロジーズのプレスリリース
Embarcadero Extends FireMonkey® Cross-Platform Framework to Create GUI Applications for Linux | Business Wire

First Steps with FMXLinux

既にGetItパッケージマネージャからダウンロード可能です(FMXLinux 1.41)。今後はEnt/Arc SKUにバンドルまたは組み込まれることになるようです。

FireMonkey for Linux

FMXLinuxに関する日本語の情報はあまりありませんが、さぎりさんの以下のページが参考になります。

FMXLinuxが動くディストリ探しの旅
DelphiでLinux GUIアプリケーション開発 - Qiita

2019/06/28追記: 他にも参考になる記事が出ています。

FMX Linux ファーストステップ
WSL の Ubuntu 18.04 で Delphi FMXLinux を走らせる

2019年6月25日

Firebirdロードマップ(2019/06)

Firebird v2.5.9のリリースに伴ってロードマップが更新されています。

Firebird: Roadmap

適当な要約
  • Firebird 2.0 - 2012年に開発終了。最新版は2.0.7
  • Firebird 2.1 - 2014年に開発終了。最新版は2.1.7
  • Firebird 2.5 - 安定版、2019年に開発終了。最新版は2019年06月の2.5.9
  • Firebird 3.0 - 安定版。年4回のサイクルで不具合修正と性能向上を行っている。最新版は2018年10月の3.0.4で、次回(3.0.5)は2019年第3四半期第4四半期を予定。
  • Firebird 4.0 - 現在開発中(Beta 1プレビューリリースおよび日毎のスナップショットを公開)。Beta 2は2019年第4四半期、RC1は2020年第1四半期、RTMは2020年第2四半期(下記参照)を予定。

2019/10/23追記: Firebird International ConferenceでのDmitry Yemanovさんの発言によると、3.0.5と4.0 Beta 2は2019年内、4.0 RC1は2020年第1四半期、4.0のRTMは2020年第2四半期になる模様。

Firebird 2.5.9

Firebird Ver2.5.9がリリースされています。

Firebird: Firebird 2.5.9
Firebird 2.5 Release Notes (PDF)

なお2.5系はこれでEOLになります。

2019年6月1日

RAD Studio/Delphi/C++Builder 10.3.1 Rio Android Push Notification Patch

RAD Studio/Delphi/C++Builder 10.3.1 RioのAndroid Push Notification PatchがGetIt経由で提供されています。これは従来RAD Studio/Delphi/C++BuilderでAndroidのプッシュ通知としてサポートしていたGCM(Google Cloud Messaging)が2019年05月29日に終了したために、後継となるFCM(Firebase Cloud Messaging)を使用可能にするためのもので、Firebase用に更新された FMX.PushNotification.Android.pas とAndroidからFirebaseにインタフェースするための AndroidApi.JNI.FireBase.pas および jarファイル、コードとして記述しなければならないいくつかのコードスニペットから構成されています。実際に使用する場合の詳細は以下のURLに記述されています。

RAD Studio 10.3.1 での Firebase による Android向けプッシュ通知サポートについて (en)
Android Firebase Push Notifications Patch and Blog Post

なおこれらの内容は次回アップデートの10.3.2に組み込まれるとのことです。

2019/06開催のセミナー

2019年5月24日

RAD Studio ロードマップ 2019/05

RAD Studio/Delphi/C++Builderのロードマップが更新されています。

RAD Studioロードマップ(2019年5月付) (en)
2019年5月付RAD Studioロードマップへのプロダクトマネージャからのコメント (en)

今回のロードマップの注目点は
  • 次期アップデート(10.3.2)は2019年の中頃
    • DelphiでmccOS 64ビットをサポート
    • C++ Windos x64コンパイラでC++17をサポート(現在はC++11)
  • 次期メジャーリリース(10.4)は2019年末
    • macOS/iOSでMetal 2をサポート
    • LiveBindingのパフォーマンス向上
    • Delphi/C++Builderとも全てのプラットフォームでメモリ管理を統一(モバイル環境でのARCサポートの削除)
    • DelphiでAndroid 64ビットをサポート
    • オンライン/オフラインインストーラを統合
    • Delphiで(カスタム)マネージドレコード型をサポート
  • その次のアップデート(10.4.x)は2020年
    • デバッガをLLDBベースのものに統合
    • iOSでMetal GPUドライバをサポート
    • DelphiでiOS 13のシミュレータ(64ビット)をサポート
    • C++BuilderにWhole Tomato Visual Assistを統合
といったところでしょうか。ところで10.4のコードネームがついてないのは飽きちゃったんですかね。

2019年5月1日

2019/05開催のセミナー

2019年4月1日

2019/04開催のセミナー